自動車学校営業の「技術」

「本人が決めるから」と言われた時の対応

「お子様の将来のために」自動車学校を選ぶ

自動車学校選びは、高校3年生や大学生のご本人に決めさせるという親御さんも少なくありません。
しかし、「本人が決めるから私は分かりません」という断り文句の親御さんには、私は「自動車学校選びは親御さんの大事な仕事」と伝えます。
「安かろう悪かろうの自動車学校もあるかもしれないし、お子様の一生がかかっています」と。

実際には、9割以上のご家庭で親御さんが自動車学校を決めておられます。
「我が子の将来に不利になるようなことはさせたくない」という親心がありますから、「お子様の将来のために」という言葉に、親御さんは最も関心をひかれます。
そういったことからも、「本人が決めるから」というのは、いわゆる断りの常とう文句、逃げ口上であるケースが大半であることが分かります。

 

親御さんの自動車学校選びのお手伝い

ですから、このように「お宅のお子様の将来のために、私たち営業マンは一所懸命考えています!」という姿勢を出すことで、親御さんも心を開いてくれます。
そういった親御さんに向けて、自動車学校選びの様々な情報を私たち営業マンが提供し、親御さんの意思決定を手助けしていくのです。
実際、免許に対する意識の薄い高校3年生や大学1年生のご本人が自動車学校を選ぶ場合には、「友達がいるから」や「近いから」といった、そんな安易な理由で選んでしまうかもしれません。
でも、それではご本人のためにならないのです。


親御さんの自動車学校選びのお手伝いをするために、情報提供。


記事抜粋
書籍「自動車学校の営業が楽しくなる! 心・技・体 50の方法」販売中!

【おすすめBOOKS】自動車学校の営業が楽しくなる!心・技・体50の方法   < 限定300冊 販売中! >   自動車学校の営業に携わるすべての営業マンに! 入校数アップに直結す ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
森本 琢磨

森本 琢磨(モリモト タクマ)

(有)楽まうく 代表取締役。
法人向けサービス業での3万件の飛び込み訪問経験をもとに、自動車学校の営業力強化コンサルティングを運営。
これまで全国30校の営業力強化を請け負い、28校で営業強化初年度の普通車入校数が昨対アップを実現。

-自動車学校営業の「技術」

PAGE TOP