自動車学校営業の「心構え」

最適な免許取得スケジュールの提案

最も多い問い合わせは、免許取得のタイミング

自動車学校の営業マンの仕事で最も大事なことは、お客様にとってベストな免許取得の時期と自動車学校の選び方を提案することです。
実際、営業をする中で最も多い問い合わせは、「免許はどの時期に取るのがよいのか?」というものです。

かくいう私も就職する直前に自動車学校に入校し、働きながら免許を取得したため、大変苦労した経験があります。
もしも私の学生時代に、地元の自動車学校の営業マンが私の自宅を訪問し、学生の間に免許を取得することを勧めてくれていたならば…、きっとあのような苦労をすることはなかったでしょう。

高校卒業後、就職を考えておられるご家庭の親御さんは、「高校生のうちに免許を取得させておこう」という気持ちは強いです。
しかし、進学されるご家庭の親御さんは、「免許は大学進学後にゆっくり取得すればよい」と安易に考えがちです。
また、家計的にも、できるならば免許取得の時期を先延ばししたいものです。
その結果、取得時期がずれ込んでしまい、就職の直前や女性の方では結婚後になって慌てて免許取得する、といったケースもよくあります。

 

最適な免許取得の時期を啓蒙する

果たして、これは親御さんやご本人の問題でしょうか。私は違うと考えます。
自動車学校の営業マンが、お客様に対して最適な免許取得の時期についての啓蒙活動を怠ったからではないかと考えています。
人生で最も時間のある高校3年生(18歳)の進路決定後や大学1年生(19歳)の夏休み頃までに免許取得をおすすめすることこそが、自動車学校の営業マンの大事な役割ではないでしょうか?!


お客様にとってベストな時期に免許を取得してもらうこと、それが営業マンの役割。


記事抜粋
書籍「自動車学校の営業が楽しくなる! 心・技・体 50の方法」販売中!

【おすすめBOOKS】自動車学校の営業が楽しくなる!心・技・体50の方法   < 限定300冊 販売中! >   自動車学校の営業に携わるすべての営業マンに! 入校数アップに直結す ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
森本 琢磨

森本 琢磨(モリモト タクマ)

(有)楽まうく 代表取締役。
法人向けサービス業での3万件の飛び込み訪問経験をもとに、自動車学校の営業力強化コンサルティングを運営。
これまで全国30校の営業力強化を請け負い、28校で営業強化初年度の普通車入校数が昨対アップを実現。

-自動車学校営業の「心構え」

PAGE TOP