入校数アップ事例

超田舎の地域での訪問営業で、2年間で入校数180名アップ!

所在地 香川県
普通車年間入校数 約550名
背景と課題 近隣競合校が合宿を開始し、入校数が大幅ダウン
主な対策 高校3年生(18歳)・大学1年生(19歳)リストへのDM及び訪問活動
成果 2年連続入校数100名程度のアップ、2年後には800名超を達成

 

背景と課題

■近隣競合校が合宿を開始し、入校数が大幅ダウン
2キロ先に位置する競合校が合宿を開始し、教習料金に5万円の価格差が生じた結果、1年目は特に影響がなかったものの2年目に大幅に減少しました。
この流れに歯止めをかけるため、営業強化のサポートをご依頼いただきました。

 

主な対策

■営業部隊の設置
教習インストラクターから4名を選抜し、営業部隊を設置しました。

■高校3年生(18歳)・大学1年生(19歳)リストへの徹底アプローチ
高校3年生(18歳)および大学1年生(19歳)のリストを合法的に入手し、DMと個別訪問活動を行いました。

 

成果

■2年連続で入校数100名程度アップ達成
2年連続で普通車入校数の100名程度アップに成功し、2年後には800名超(サポート開始時約550名)を達成しました。

 

成功のポイント

■高校3年生(18歳)・大学1年生(19歳)に向けての徹底アプローチ
最大の客層である高校3年生(18歳)・大学1年生(19歳)をターゲットに絞り徹底アプローチすることで、入校数を獲得できました。

■ターゲットに適した免許プランを提案するDM
DMで高校3年生(18歳)・大学1年生(19歳)それぞれに適した免許プランを提案し、夏・冬の繁忙期の山をしっかり作ることができました。

■教習インストラクターの意識改革
インストラクターを営業マンに任命するなど、副校長を中心としたインストラクターのお客様への意識が高まりました。

 

入校数アップ事例について、詳しくは、お問合せください。

 

  • この記事を書いた人
森本 琢磨

森本 琢磨(モリモト タクマ)

(有)楽まうく 代表取締役。
法人向けサービス業での3万件の飛び込み訪問経験をもとに、自動車学校の営業力強化コンサルティングを運営。
これまで全国30校の営業力強化を請け負い、28校で営業強化初年度の普通車入校数が昨対アップを実現。

-入校数アップ事例

PAGE TOP