自動車学校営業の「技術」

親御さんの免許への意識の変化

我が子にとってベストな時期に免許を取らせたい

近年、親御さんの免許への意識は変化してきているように感じます。
長引く不況の中、30万円近い免許取得費用を捻出するのは、本当に大変なことです。
しかしながら、「我が子にとってベストな時期、ベストな場所で免許を取らせてやりたい」「我が子が他の子よりも不利にならないようにしたい」というのは、当然の親心です。
費用の面だけを考えると、目を背けて逃避したくはなりますが、お子様の将来のことを考えると、「ベストな時期に免許を取らせたい」と思われています。

親御さんから、「どの時期に取るのがベストなのか?」といった類の質問を受けることがあります。
親御さんにとっても免許を取得したのは20年以上前のことですので、自動車学校の内部のことなどについての知識は、ほとんど持っていません。
ですから、私たち営業マンは、親御さんのためにも、ベストな免許取得時期、スケジュールの提案や自動車学校ごとの違いを説明する役割があるのです。

 

役立つ情報提供をする

繰り返しになりますが、長引く不況で30万円もの大金を捻出するのは大変なことですが、我が子のために「ベストな時期、ベストな自動車学校で免許を取らせてやりたい」という親心がありますので、親御さんのためにも役立つ情報提供をしていきましょう。


費用の捻出は大変だが、お子様の将来のことを親が一番考えている。


記事抜粋
書籍「自動車学校の営業が楽しくなる! 心・技・体 50の方法」販売中!

【おすすめBOOKS】自動車学校の営業が楽しくなる!心・技・体50の方法   < 限定300冊 販売中! >   自動車学校の営業に携わるすべての営業マンに! 入校数アップに直結す ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
森本 琢磨

森本 琢磨(モリモト タクマ)

(有)楽まうく 代表取締役。
法人向けサービス業での3万件の飛び込み訪問経験をもとに、自動車学校の営業力強化コンサルティングを運営。
これまで全国30校の営業力強化を請け負い、28校で営業強化初年度の普通車入校数が昨対アップを実現。

-自動車学校営業の「技術」

PAGE TOP